誰もが安心して始められる信用取引

決してリスクばかりではない

信用取引は証券会社に預けてある証拠金以上の株式取引ができる制度です。証拠金以上の取引をすると現物だけで取引をする場合と比べて利益も損失も大きくなりやすいです。当然リスクはありますが、それ以上に投資家にとってメリットがあります。投資資金の少ない投資家は場合によって投資できる機会があるのに資金が不足している為に同時に複数の銘柄に投資できずにせっかく投資機会を逃してしまう事があります。しかし信用取引を使う事で証拠金以上の金額を取引できるので投資機会を失わずに済むメリットがあります。
大きな利益を短期間に出す為だけに信用取引を利用するのではなく、必要な時に計画を立てて利用する事で安全に信用取引を使えます。

安全に利用する為のシステムもある

信用取引を利用しない株式取引の場合の損失は最大でも証拠金を全て失うまでで済みます。信用取引を使用した場合は証拠金以上の取引をするので損失の最大は証拠金と同じ額まででは済みません。証拠金以上の損失が出た場合は不足している損失額を追加で入金しなくてはなりません。
これを追証と言いますが、証券会社はこれを立て替えている状態なので投資家が支払えない場合は証券会社にとって大きな損失になります。証券会社だけでなく投資家にとっても追証が出るのは大きな経済的なダメージがあるのでこれをできる限り防止するシステムを多くの証券会社が採用しています。そのシステムは証拠金と損失が同じ額になった時点で強制的に決済して追証を出さないようにするシステムです。しかし急激な株価の暴落に対応しきれずに追証が出る可能性もあるので絶対に追証を出さない保証はないので理解しておくべきです。