信用取引で利益を得たいと望んでいるなら

信用取引を使うリスク

信用取引とは証券会社に証拠金として預けている金額以上の取引を行う事です。信用取引を行う時は一時的に証券会社から借りる形で入金してある金額以上の取引をするだけなので証拠金以上の損失が出れば当然不足金額を追加で支払わないといけません。この追加で支払う損失金を追証と言います。証券会社は追証を支払えなくなる投資がいるとその分損失を出るのでそのような事態にならないように強制ロスカットという損失が証拠金と同じ額になった時点で自動で決済するシステムを採用している会社がほとんどです。
基本的には追証が出る前に決済しますが、急激な株価暴落が起きた場合は強制的に決済しようとしても売り注文が間に合わずに結果的に追証が発生する事もあるので絶対に追証が発生しないとは言い切れないです。

信用取引でのリスクマネジメント

信用取引を使って株式投資をすれば証拠金以上の取引ができるので資金不足を理由に投資機会を失わずに済むメリットがあります。しかし追証が発生する可能性もあるのでリスクもあります。その為信用取引を利用する時に大事な事はリスク管理をしっかりする事です。最悪の場合は追証が出て支払う必要があるので自己資金を限界まで口座に入金してその金額に対して使える最大の倍率での信用取引はかなりリスクの高い取引で、リスク管理ができているとは言えません。
また信用取引を利用して株式を保有している時には株価を毎日確認して必要があればすぐに損切りするべきです。株価のチェックも長期間行っていない場合はリスク管理を怠っていると言えます。しばらくの間株価をチェックする事も株を売買する事もできないとわかっている場合は一度決済しておくべきです。