関心が集中している信用取引

そもそも信用取引とは?

近年、投資の世界でよく耳にするようになった”信用取引”というワード。そこでまずは、信用取引とは何か?ということについて話していこうと思います。
信用取引とは、自分の現在所有している株や資産を元に銀行や証券会社に自分を信用してもらった上でお金を借りて、持っている信金以上の取引を行う行為のことを指します。要するに、自分の資産を担保として借金をし、より高い利益を得るための投資を行うということですね。信用取引を行う最大のメリットは、利益をより増やすことが可能になるといった点です。100万円しか所持していない場合は100万円までしか投資を行うことができませんが、信用取引を利用すると最大で3倍の金額を投資することが可能になりますので、うまく投資できれば利益も3倍となるんですね。

注目されている理由は他にもあった!

信用取引を行う上で最大のメリットは前述したとおり所有している資金以上の取引ができるようになるといった点ですが、実は近年信用取引に注目が集まっている理由は他にもあるんです。
それは、”まだ買っていない株を売ることができる”ということです。これを”空売り”と言います。空売りとは、『これからこの株は下がるだろう』というものを見つけ、その銘柄を証券会社から借りそれをそのまま売却します。そして実際にその株が下がったタイミングで買い戻し、証券会社に返します。そのときに生じた差分を利益として受け取ることができるのが”空売り”と呼ばれるものです。具体的な数字を入れて説明しますと、10万円の時に証券会社に株を借りて売却し、5万円のときに買い戻したら5万円の差額がありますよね。その差分は自分の取り分となるというシステムなんです。