有益な情報を活用して信用取引で利益を得よう!

出来高情報をゲットして信用取引で安全に儲ける!

株式市場において、信用取引で利益を出すには膨大なデータに基づいたシステムが必要と言われます。実際、信用取引においては損失額に天井が無いので、確実で利益の確度の高い取引が求められます。
しかし、情報を上手く活用すれば、初心者でも安全に儲けることができる取引でもあります。例えば、空売りによる出来高が膨らんだ銘柄に関してそれが精度信用取引に設定されていた場合、3ヵ月後には手仕舞いにより株価が上昇する可能性が高いため、先回りして現物買いしておき、出来高が膨らんだ空売りの建玉が手仕舞いされるのと同時に売却すれば利益の確度が高いのです。全てがこの通りに動くとは限りませんが、出来高が膨らめば膨らむほどこの傾向になる可能性が高いので、しっかりとチェックしておくと良いでしょう。

空売りされている銘柄が何なのかをしっかり把握しておこう!

信用取引におけるちょっと変わった利益の出し方として、「逆日歩」を活用するという方法があります。
空売りにおいて、その注文が殺到して証券会社が保有する銘柄だけでは足りなくなった場合、空売りする株を保有する株主から余分に貸株料を支払って融通することになります。この際、余分に支払われる料金のことを「逆日歩」と呼び、日割りで株主に支払われることになります。もし保有している株があり、それが何らかの理由で空売りされる場合、それを貸すことで逆日歩を手に入れることができるわけです。
確かに株の価値自体は目減りしてしまいますが、長期保有することを決めている銘柄であった場合などは、余程の不祥事でもない限りは売却することはほとんど無いでしょう。少しでも保有株を活用して利益を出すよう、自分が保有している銘柄が空売りされているかどうかを把握しておくと良いかもしれません。